GeoKanto2021 プログラム

  第1会場 第2会場 第3会場 第4会場 第5会場 第6会場 第7会場 第8会場
第1セッション
9:00-10:30
(90分)
構造1
座長 山中光一
(日本大学)
構造2
座長 崔 瑛
(横浜国立大学)
防災1
座長 藤谷 久
(中央開発(株))
防災2
座長 王 海龍
(早稲田大学)
防災3
座長 山口恵美
(関東学院大学)
材料1
座長 青野泰久
(清水建設(株))
材料2
座長 友部 遼
(東京工業大学)
今後の展望・
計測技術1

座長 鎌尾彰司
(日本大学)
第2セッション
10:50-12:30
(100分)
構造3
座長 山下勝司
((株)不動テトラ)
技術紹介:
東急建設(株)
構造4
座長 白石彩華
((株)大林組)
技術紹介:
パシフィックコンサルタンツ(株)
防災4
座長 堀越一輝
(東京工業大学)
技術紹介:
前田建設工業(株)
防災5
座長 山根行弘
(小野田ケミコ(株))
技術紹介:
小野田ケミコ(株)
DSセッション 環境1
座長 後藤 聡
(山梨大学)
技術紹介:
あおみ建設(株)
材料3
座長 吉嶺充俊
(東京都立大学)
技術紹介:
(株)安藤・間
今後の展望
計測技術2

座長 清木隆文
(宇都宮大学)
技術紹介:
基礎地盤コンサルタンツ(株)
特別セッション(昼休憩) 12:40~13:40
交流会 13:40~14:40
第3セッション
15:00-16:40
(100分)
構造5
座長 桐山貴俊
(清水建設(株))
技術紹介:
(株)複合技術研究所
構造6
座長 中谷 登
(大日本土木(株))
技術紹介:
大日本土木(株)
構造7
座長 野村 瞬
(東京海洋大学)
防災6
座長 蔡 飛
(群馬大学)
技術紹介:
中央開発(株)
防災7
座長 柿原芳彦
(応用地質(株))
技術紹介:
東電設計(株)
環境2
座長 栗本悠平
(清水建設(株))
材料4
座長 内村太郎
(埼玉大学)
今後の展望
計測技術3

座長 杉山太宏
(東海大学)
技術紹介:
川崎地質(株)
交流会(続き)16:40~17:30

GeoKanto2021プログラム



第1会場


■9:00-10:30
構造1 座長:山中光一(日本大学)

構造1-1
低拘束圧地盤における杭の鉛直貫入実験に関するPIVを用いた大変形解析
石井翔梧(早稲田大学)・赤木寛一・桐山貴俊・大竹浩太
構造1-2
製作費の削減や施工性の向上を可能にする新たな拡底杭を検討するための室内模型実験計画
三岡千夏(東京海洋大学)・野村 瞬・谷 和夫
構造1-3
開端杭の内周面摩擦力と杭内土高さの関係に関する検討
早乙女充(東京理科大学)・菊池喜昭・野田翔兵・真柄海里・久保木智嗣
構造1-4
ストレート鋼管杭の閉塞効果に関する模型実験
山崎佑馬(東京都市大学)・末政直晃・田中 剛
構造1-5
スパイラル杭の施工時の周辺地盤の乱れが引抜き抵抗に及ぼす影響に関する模型実験
木梨優太(中央大学)・西岡英俊・大西菜穂・山村菜月
構造1-6
スパイラル杭の施工時の周辺地盤の乱れが水平抵抗に及ぼす影響に関する模型実験
山村菜月(中央大学)・西岡英俊・大西奈穂・木梨優太
構造1-7
原点を通る回帰直線・曲線の検討(杭の支持力算定式の作成方法を中心にして)
小椋仁志(基礎構造研究会)

■10:50-12:30
構造3 座長:山下勝司((株)不動テトラ)

構造3-1
技術紹介:Tc-PEAR工法~ICTを活用した杭・地盤改良のリアルタイム施工管理システム~
東急建設株式会社
構造3-2
シートパイル補強工法における杭とシートパイルの離隔による補強効果の違いに関する実験的研究
佐川貴要(中央大学)・西岡英俊
構造3-3
直接基礎におけるシートパイル導入による鉛直支持力に関する研究
新井優希(中央大学)・西岡英俊
構造3-4
ばら積み鉄鉱石内での水分移動がVLOCに及ぼす影響に関する数値的検討
田村 智(群馬大学)・蔡  飛
構造3-5
浸透流解析による水ガラス系薬液注入剤の諸物性が地盤内浸透挙動に与える影響評価
福島一馬(芝浦工業大学)・中尾晃揮・稲積真哉
構造3-6
礫混合率を変化させて締固めた時の細粒土粒子の締固め度の変化
降旗咲乃(東京理科大学)・井原 壮・菊池喜昭・野田翔兵・久崎諒也・龍岡文夫・永井裕之・三反畑勇
構造3-7
古墳盛土に用いられた細・粗粒土互層構造
原佑太郎(東京大学)・桑野玲子・大坪正英
構造3-8
土質力学的アプローチによる二枚貝の斧足動作の評価および斧足動作を規範とした砂貫入実験に関する研究
迫本和也(早稲田大学)・直井悠人・伊藤大知・小峯秀雄・後藤 茂・石井裕之

■15:00-16:40
構造5 座長:桐山貴俊(清水建設(株))

構造5-1
技術紹介:株式会社複合技術研究所 会社紹介
株式会社複合技術研究所
構造5-2
空石積擁壁の補強効果に関する遠心場載荷実験
佐野和弥(東京都市大学)・伊藤和也・田中 剛・末政直晃・小浪岳治・谷山慎吾
構造5-3
地震時におけるケーソン基礎底面地盤の挙動に着目したアルミ棒積層体模型水平載荷実験
磯部祐輝(中央大学)・西岡英俊・吉田広基
構造5-4
アルミ棒積層体において根入れの深さを変化させた直接基礎の支持力実験
吉田広基(中央大学)・佐々木優奈・磯部祐輝・西岡英俊
構造5-5
砂のすり抜けに着目したPFS工法に関する数値解析
藤原覚太(東海大学)・Mallyar Enayat
構造5-6
Characterization and quality evaluation of high-pressure injection stirring method for ground improvement by MPS-CAE
Sudip Shakya(芝浦工業大学)・Inazumi Shinya
構造5-7
貝殻型キャピラリーバリア盛土の品質管理に関する施工実験
内村風雅(茨城大学)・小林 薫・松丸貴樹・松元和伸・小谷野陽平・大埜明日香
構造5-8
粘性土地盤における円形基礎の載荷に伴う地盤状態の変化
足立大樹(東京理科大学)・Minho Kwon・菊池喜昭・野田翔兵・平尾隆行・竹本 誠



第2会場


■9:00-10:30
構造2 座長:崔 瑛(横浜国立大学)

構造2-1
バランス断面法による受け盤の地殻変動解析を有限要素法で模擬する試み
岡安祥克(群馬大学)・瀬﨑章太郎・江口和暉・若井明彦・小坂英輝・稲垣秀輝
構造2-2
傾斜法で求めたアルミ棒積層体の安息角と締固め程度の関係
福田文香(中央大学)・西岡英俊・松本尚也
構造2-3
脆弱岩の締固め状況の色調による評価方法の提案と考察
櫻井真志(早稲田大学)・伊藤大知・綱井裕史・近藤 誠・小峯秀雄・王 海龍
構造2-4
粒子法CAE解析による削孔泥水で満たされた既存杭引抜孔における埋戻し材の充填性に関する検討
上原知己(芝浦工業大学)・齊田和哉・中尾晃揮・稲積真哉
構造2-5
ジオグリッド補強土技術における盛土材選択の重要性に関する一考察
樋口駿之介(中央大学)・佐倉拓歩・平川大貴
構造2-6
土の締固め度と力学特性ならびに植物根系の成長について
伊藤美咲(東海大学)・杉山太宏
構造2-7
軟弱地盤上盛土の沈下,安定の問題に関する観測値の集積に基づく医学(経験集積学)的解決方針について
山本武夫((株)高速道路中央研究所)

■10:50-12:30
構造4 座長:白石彩華((株)大林組)

構造4-1
技術紹介:滑動崩落により被災した造成宅地の復旧・再度災害防止対策技術
パシフィックコンサルタンツ株式会社
構造4-2
掘削孔とその周辺地盤の相互作用に関する解析的検討
時 家豪(芝浦工業大学)・稲積真哉
構造4-3
先行する繰返し水平載荷を受けた杭の挙動
迫田由華(東京理科大学)・毛利惇士・菊池喜昭・野田翔兵・赤松一也・奥野哲夫・杉山博一・福武毅芳
構造4-4
繰り返し水平載荷時の一体橋梁背面地盤の土圧増加挙動に関するアルミ棒積層体模型実験
瀬賀達夫(中央大学)・牧野 聖・西岡英俊
構造4-5
繰り返し水平載荷時の一体橋梁背面地盤の土圧作用高さの変化に関するアルミ棒積層体模型実験
牧野 聖(中央大学)・西岡英俊・瀬賀達夫
構造4-6
城壁の地震時挙動を再現するための振動台実験と動的弾塑性FEM
須藤皓介(群馬大学)・坂東直哉・若井明彦・橋本隆雄・宮島昌克・池本敏和
構造4-7
老朽化した宅地擁壁の耐震化に関する研究~熊本県の火山灰質土の物理力学特性について~
小澤茉莉(東京都市大学)・佐野和弥・田中 剛・伊藤和也・末政直晃・山下隆之
構造4-8
ジオシンセティックス補強土構造物の変形特性に及ぼす補強材配置条件の影響
宇高 亘(東京大学)・渡邉健治・中島 進・讃岐賢太

■15:00-16:40
構造6 座長:中谷 登(大日本土木(株))

構造6-1
技術紹介:大日本土木の補強土技術紹介 「ミニアンカーPI」と「ハイビーネオ」
大日本土木株式会社
構造6-2
繰返し引抜き量が鋼管杭の外周面摩擦力に及ぼす影響
真柄海里(東京理科大学)・菊池喜昭・野田翔兵・早乙女充・久保木智嗣
構造6-3
地中熱利用における杭中空部に採熱チューブを設置した杭の押込み試験
小梅慎平(ジャパンパイル(株))・今 広人
構造6-4
擁壁危険度判定・把握手法に関する研究
大和田健樹(東京都市大学)・末政直晃・伊藤和也・田中 剛
構造6-5
有限要素コードGA3Dによる地盤解析のためのV&Vの試行例
久保田健太(群馬大学)・馬塲菜々子・若井明彦
構造6-6
MPS-DEM連成CAE 解析による掘削安定液内における砂粒子の沈降挙動の可視化
浅野博哉(芝浦工業大学)・中尾晃揮・稲積真哉
構造6-7
ジオグリッド補強土への破砕コンクリートの適用性に関する検討
池田昂史(中央大学)・平川大貴・渡邉一矢
構造6-8
アルミ棒積層体の模型地盤厚さを変化させた直接基礎の支持力実験
平野萌果(中央大学)・西岡英俊・佐々木優奈



第3会場


■9:00-10:30
防災1 座長:藤谷 久(中央開発(株))

防災1-1
塑性細粒分を含む東北珪砂といわき珪砂の液状化強度
張 宇輝(東京理科大学)・塚本良道・野田翔兵
防災1-2
Simple shear response of silty-sand subjected to internal erosion
Chitravel Sanjei(東京大学)・大 坪正英・桑野玲子
防災1-3
稲城砂の定常状態に及ぼす細粒分の影響
王 昭程(東京都立大学)・鈴木紗瑛・吉嶺充俊
防災1-4
三軸圧縮試験による稲城砂の粒子破砕性
鈴木紗瑛(東京都立大学)・吉嶺充俊・王 昭程
防災1-5
水産系副産物を用いた越水時における堤防裏法尻の侵食抑制に関する実験的研究
佐藤雄紀(茨城大学)・小林 薫・大和田繁・釜土則幸・安原一哉
防災1-6
斜面の地表面の変位ベクトルに基づいてすべり機構を推定するための解析的試み
五十嵐友平(群馬大学)・若井明彦
防災1-7
振動台実験による自然斜面模型崩壊挙動の把握
髙倉太希(防衛大学校)・篠田昌弘・宮田喜壽・荒井靖仁・池田光良・橋本和佳・阿部哲男

■10:50-12:30
防災4 座長:堀越一輝(東京工業大学)

防災4-1
技術紹介:傾斜センサーとWEBを利用した法面の遠隔監視システム
前田建設工業株式会社
防災4-2
模型盛土斜面の崩壊実験による火山灰質粗粒土の粒子破砕挙動の観察
吉原 隆(宇都宮大学)・海野寿康
防災4-3
微動・振動センサーによる建物の健全度診断への活用について
陶 尚寧(中央開発(株))・王  林・福原 誠・湯 志君
防災4-4
斜面に堆積するテフラ層厚の推定および斜面安定性に関する研究
岡田健杜(山梨大学)・後藤 聡・小安浩理・石丸 聡・渡部直喜・日吉優米・大川原優希
防災4-5
盛土斜面の浸透・崩壊に関する遠心場降雨実験
田崎 翔(東京都市大学)・伊藤和也・田中 剛・末政直晃・野中隆博
防災4-6
台風19号による切土崩壊斜面の斜面崩壊再現解析
大木拓哉(早稲田大学)・赤木寛一・小西真治・石黒 健・中村祐樹
防災4-7
浸透誘導型キャピラリーバリア盛土における破砕貝殻層の浸透特性に関する研究
小谷野陽平(茨城大学)・小林 薫・松元和伸・松丸貴樹・松元和伸・森井俊広
防災4-8
水平力作用時にケーソンが沈み込む条件での鋼管杭補強式防波堤に関する中詰土幅の検討
汝  明(東京理科大学)・毛利惇士・一瀬健太郎・高田岳斗・菊池喜昭・野田翔兵・森安俊介・及川 森

■15:00-16:40
構造7 座長:野村 瞬(東京海洋大学)

構造7-1
壁体延長方向の曲げ剛性を変化させたたわみ性壁体の水平抵抗挙動
岡田舜啓(東京理科大学)・毛利惇士・菊池喜昭・野田翔兵・清水健太・持田祐輔・松原朋裕
構造7-2
Shaking table test on pile countermeasure for retaining wall against earthquake
Enayat Mallyar(東海大学)・Kakuta Fujiwara
構造7-3
砕石パイルの地震時耐力について
井上翔太(東京都市大学)・末政直晃・堀田 誠・藤村行正
構造7-4
アルミ棒積層体を用いた自立式掘削土留め工の模型実験ー土留め壁の壁面摩擦角の違いが壁体水平変位および背面地盤沈下量に及ぼす影響についてー
小野慶一朗(中央大学)・西岡英俊・千葉佳敬・太田春奈
構造7-5
東京都区部で採取した洪積砂・粘性土のK0値に関する考察
濁川直寛(清水建設(株))・浅香美治・周 友昊
構造7-6
砂質土および関東ロームの締固めにおける加速度センサによる応答特性経時変化に関する研究
綱井裕史(早稲田大学)・小峯秀雄・後藤 茂・王 海龍・伊藤大知
構造7-7
シールド掘削における切羽面および周辺地盤で発生する土圧分布の可視化に関する研究
椎名基貴(芝浦工業大学)・中尾晃揮・浅野博哉・稲積真哉



第4会場


■9:00-10:30
防災2 座長:王 海龍(早稲田大学)

防災2-1
The influence of liquefaction history on local void ratio characteristics
Rawiwan Sukhumkitcharoen(東京大学)・Junichi Koseki・Hiroyuki Kyokawa
防災2-2
Mechanism of slope failure determined by strain field and pore water pressure buildup in a large-scale flume experiment
Ngoc Ha Do(山梨大学)・Satoshi Goto・Hirotaka Ochiai・Shiho Asano・Huy Loi Doan・Junji Yoshida
防災2-3
令和3年5月の芋生茂橋の洗掘被害調査報告
佐々木優奈(中央大学)・西岡英俊・竹崎奏詠・渡邉健治
防災2-4
令和3年7月の黄瀬川大橋の洗掘被害調査報告
竹崎奏詠(東京大学)・西尾典絋・渡邉健治・西岡英俊・佐々木優奈・木梨優太・平野萌果
防災2-5
関東地方平野部における常時微動(H/V)の高密度測定とそのデータベース化
林 宏一(応用地質(株))・鈴木 徹・小西千里・松山尚典・鈴木晴彦
防災2-6
谷底低地における地盤構造の違いが地震応答に与える影響の検討
松橋 求(東京電機大学)・石川敬祐・安田 進

■10:50-12:30
防災5 座長:山根行弘(小野田ケミコ(株))

防災5-1
技術紹介:低地河川における耐震対策_護岸前面側の軟弱地盤の改良工法
小野田ケミコ株式会社
防災5-2
砂の飽和度が定常状態強度に及ぼす影響の評価
森みさと(東京都立大学)・王 昭程・吉嶺充俊
防災5-3
地震時を想定した直接基礎橋脚模型の水平単調載荷実験-死荷重と回転ばね定数の関係-
川田草貴(中央大学)・西岡英俊
防災5-4
基礎地盤と杭の剛性が鋼管杭式補強防波堤の抵抗特性に与える影響
一瀬健太郎(東京理科大学)・毛利惇士・汝  明・高田岳斗・菊池喜昭・野田翔兵・森安俊介・及川 森
防災5-5
格子壁の非線形性と設計基準強度の増加及び地盤の液状化層の深度が格子状改良工法に及ぼす影響
和田直人(群馬大学)・蔡  飛
防災5-6
複数回の地震波による液状化対策工に及ぼす影響について
脇本理玖(茨城大学)・小林 薫・本多顕治郎・足立雅樹・渡辺真大
防災5-7
光ファイバを用いたパイピング検知技術の基礎的検討
桝谷麻衣(鹿島建設(株))・永谷英基・川野健一・今井道男・吉村雄一
防災5-8
北海道厚真町東和地区に分布するEn-a起源ロームの飽和度の異なる定体積繰返し一面せん断特性
大川原優希(山梨大学)・後藤 聡・岡田健杜・日吉優米・小安浩理・石丸 聡・渡部直喜

■15:00-16:40
防災6 座長:蔡 飛(群馬大学)

防災6-1
技術紹介:中央開発(株)の技術紹介 -地盤防災・減災のトータルサポート-
中央開発株式会社
防災6-2
Risk evaluation of landslides during Hokkaido Eastern Iburi Earthquake (2018) using DIPM and GIS
Fazlul Habib Chowdhury(筑波大学)・松島亘志
防災6-3
Risk evaluation of seismic slope failure based on the cooperation of terrain analysis and finite element analysis: a case study of the Kamishiro Fault Earthquake in Nagano Prefecture in 2014
Yuanying Li(群馬大学)・Yusaku Kimoto・Akihiko Wakai
防災6-4
地すべり変状に伴う伸縮計と傾斜センサーの挙動と管理値の妥当性の検討
島田竣也(中央開発(株))
防災6-5
Effect of cyclic shear strain on undrained shear strength of sand in large strain torsional shear tests
Nazish Ullah(東京大学)・Masataka Shiga・Takashi Kiyota
防災6-6
自然災害安全性指標GNSを用いた災害曝露量と人口の変化~茨城県を対象として~
安國恭平(東京都市大学)・伊藤和也・益子時佳
防災6-7
振動台を用いた地震時の不飽和斜面地盤の挙動と間隙水圧の関係
山本実友(山梨大学)・後藤 聡・Ngoc Ha Do・日吉優米



第5会場


■9:00-10:30
防災3 座長:山口恵美(関東学院大学)

防災3-1
不連続性岩盤斜面の遠心模型実験および斜面安定計算に関する研究
中根良太(東京都市大学)・平岡伸隆・吉川直孝・伊藤和也
防災3-2
上載圧を変化させたアルミ棒積層体模型地盤の単純せん断試験ーせん断弾性係数の拘束圧依存性およびひずみレベル依存性に関する検討ー
西野風雅(中央大学)・西岡英俊・島田貴文
防災3-3
地震時における開削トンネルと周辺地盤の挙動に関するアルミ棒積層体の大型せん断土槽実験
伊野将矢(中央大学)・西岡英俊・島田貴文・西野風雅
防災3-4
開削トンネルの周面摩擦の違いに関するアルミ棒積層体を用いた単純せん断試験
古川喬大(中央大学)・西岡英俊・島田貴文・西野風雅
防災3-5
堤防裏法面に敷設した破砕貝殻層の侵食抑制効果と貝殻粒径による侵食パターン
大埜明日香(茨城大学)・小林 薫・大和田繁・釜土則幸・安原一哉
防災3-6
横手盆地東縁断層帯金沢断層近傍の断層露頭に関する地形学的考察
寺田龍矢(中央開発(株))・細矢卓志
防災3-7
The effect of the presence of pile foundations on sand ejection and subsidence patterns in reclaimed lands
Amani Guizani(東京大学)・Masataka Shiga・Takashi Kiyota

■15:00-16:40
防災7 座長:柿原芳彦(応用地質(株))

防災7-1
技術紹介:東電設計の技術紹介
東電設計株式会社
防災7-2
長距離型光ファイバ振動分布センサによる河川堤防の変状検知
町島祐一((株)レーザック)
防災7-3
地盤リスクの観点による岩盤地下空洞の安全情報定量化の試み
前田和輝(宇都宮大学)・清木隆文
防災7-4
IoTを活用した斜面モニタリング技術の動向と課題
小口 公(筑波大学)・酒井直樹
防災7-5
振動台を用いた地震時のテフラ層における水分保持特性
日吉優米(山梨大学)・後藤 聡・本間 聡
防災7-6
せん断波速度を利用した破砕性火山灰土の液状化評価手法の検討
小野寺智哉(東京大学)・清田 隆・志賀正崇
防災7-7
浸透・浸食が東北珪砂の液状化強度に及ぼす影響の検討
明星昌克(東京理科大学)・塚本良道・野田翔兵・金本涼太・井澤理行



第6会場


■10:50-12:30
環境1 座長:後藤 聡(山梨大学)

環境1-1
技術紹介:景観の影響を最小限に抑える遠隔自動浚渫工法「水底土砂ポンプ浚渫工法」
あおみ建設株式会社
環境1-2
カラム試験を利用したベントナイト粒子のろ過特性評価
小林正智(早稲田大学)・伊藤大知・小峯秀雄・王 海龍
環境1-3
土の異方透水性評価装置の開発
浅野太我(茨城大学)・小林 薫・金澤浩明
環境1-4
砂のような粒状体の供試体作成方法が異方透水性に及ぼす影響について
磯田悠太(茨城大学)・小林 薫・金澤浩明・浅野太我
環境1-5
ソイルセメント柱体の固化可能な限界被圧地下水深さ
大野 隼(中央大学)・西岡英俊・又吉直哉・平山勇治
環境1-6
Use of carbon captured materials in construction to combat climate change
Nazia Hossain Khan(早稲田大学)・王 海龍・Navya Ann Eldho
環境1-7
大深度地下トンネル工法は、隠れた埋没谷に遭遇すると、地表の地盤陥没事故を起こす可能性がある。
世良 至(無所属)

■15:00-16:40
環境2 座長:栗本悠平(清水建設(株))

環境2-1
燃料デブリ中間保管施設に活用する超重泥水の作製に用いるベントナイトの熱特性評価
岩﨑充希(早稲田大学)・伊藤大知・金田 舜・小峯秀雄・王 海龍・後藤 茂
環境2-2
メスシリンダー法によるCa- Mg型 ベントナイトの水分拡散特性評価における乾燥密度や水質の影響に関する考察
舘野壮平(早稲田大学)・伊藤大知・小峯秀雄・王 海龍
環境2-3
高温作用による不飽和ベントナイトの体積変化および間隙圧の変化
西村友良(足利大学)
環境2-4
二重間隙構造に基づく膨潤性粘土の構成モデル
京川裕之(東京大学)
環境2-5
廃棄物最終処分場の浸出水循環によるpH低下に関する実験的研究
金子卓寛(茨城大学)・小林 薫・米山俊一
環境2-6
富山県で生じた種々の廃棄物系バイオマスを含有した混合土の土質試験における工学的特性
寺迫太陽(富山県立大学)・兵動太一・吉崎達矢・竜田尚希
環境2-7
懸濁系注入剤の浸透性評価について
宮城 嶺(早稲田大学)・赤木寛一・齋藤拓未・渡邊陽介・横張 光

■9:00-10:30
材料1 座長:青野泰久(清水建設(株))

材料1-1
乾燥密度と飽和度の関数としての締固めた土の剛性と締固め管理での活用
龍岡文夫(東京大学)
材料1-2
定圧および定体積一面せん断試験による砂のダイレイタンシー特性の相関
建部海人(東京都立大学)・吉嶺充俊
材料1-3
小型空洞保持試験による砂質地盤内空洞の安定性に影響を与える要素の検討
横山大智(東京大学)・桑野玲子・大坪正英
材料1-4
全国の砂質土地盤におけるN値及びVSを併用した液状化強度比算出方法の検討
小針咲弥(群馬大学)・蔡  飛
材料1-5
密度条件を変化させた種々な不規則波による砂の液状化特性
及川晃介(東京電機大学)・石川敬祐・安田 進
材料1-6
締固め砂杭工法施工時の側圧増加と応力履歴を考慮した中空ねじり三軸試験
矢部浩史((株)不動テトラ)・古関潤一
材料1-7
微粒子注入における浸透特性の把握
田代 怜(東京都市大学)・末政直晃・佐々木隆光・永尾浩一



第7会場


■9:00-10:30
材料2 座長:友部 遼(東京工業大学)

材料2-1
膨潤圧を指標とするベントナイト系緩衝材の飽和・密度状態のモニタリング技術の提案
曺 基安(早稲田大学)・小峯秀雄・王 海龍・伊藤大知・阮 坤林
材料2-2
富士山及びその周辺で採取したスコリアの粒度特性が飽和透水係数に与える影響
望月光輝(山梨大学)・後藤 聡
材料2-3
細粒分が多い土に対するバイオセメンテーションに関する基礎的研究
米山俊一(茨城大学)・小林 薫・金子卓寛
材料2-4
粒子破砕性を持つ人工軽石の非排水・非排気不飽和せん断特性
佐藤 樹(東京大学)・桑野玲子・大坪正英
材料2-5
類似石との比較に基づく大谷石の風化特性把握について
花井裕也(宇都宮大学)・清木隆文・飯村 淳
材料2-6
盛土材として活用するための破砕コンクリートの再生化方法の検討
渡邉一矢(中央大学)・平川大貴・池田昴史・金子智哉
材料2-7
日本各地の浚渫粘土の圧密パラメータと液性限界の関係の地域比較
山崎誓也((株)日建設計シビル)・片桐雅明

■10:50-12:30
材料3 座長:吉嶺充俊(東京都立大学)

材料3-1
技術紹介:多方向スラリー揺動撹拌工法「WILL-m工法」
株式会社安藤・間
材料3-2
超微粒子系グラウト材の長期養生による地盤の強度変化に関する研究
趙 熾烽(芝浦工業大学)・稲積真哉
材料3-3
建設残土と製鋼スラグの混合土の水中分離特性
幸坂泰輔(東京理科大学)・菊池喜昭・野田翔兵・柿原結香・高田明旺・二口夏帆・三枝亮介
材料3-4
Impact of specimen boundary condition on small-strain shear modulus anisotropy
Junming Liu(東京大学)・大坪正英・桑野玲子
材料3-5
堤体法面に施工した扁平な破砕貝殻の配向方向が堤体の侵食変形に与える影響
後藤聖也(茨城大学)・小林 薫・大埜明日香
材料3-6
超低強度安定処理した細流分含有率の高いバラスト道床の強度特性
齋藤龍司(早稲田大学)・赤木寛一・景山隆弘・中村貴久
材料3-7
機械攪拌工法の模型実験におけるセメント添加量の検討
福田果穂(東京都市大学)・伊藤和也・島野 嵐・田代 怜
材料3-8
種々の地震動に対するプラスチック製地下貯留槽の変形特性
馬塲菜々子(群馬大学)・市川卓也・尾崎昂嗣・若井明彦

■15:00-16:40
材料4 座長:内村太郎(埼玉大学)

材料4-1
養生時の圧密圧力と圧密時間の違いによる製鋼スラグ混合粘性土の固化特性の違い
高田明旺(東京理科大学)・柿原結香・菊池喜昭・野田翔兵・幸坂泰輔・二口夏帆・三枝亮介
材料4-2
弱面を有する異方性粘土材料の破壊特性のモデル
林 頌馬(東京都立大学)・横谷遥晃・吉嶺充俊
材料4-3
火山灰土の土粒子内間隙が土粒子の密度試験結果に与える影響
陳 柯宇(山梨大学)・後藤 聡・日吉優米・岡田健杜
材料4-4
メタンハイドレート胚胎層の模擬供試体及びポリマー混合供試体の透水性に関する実験的検討
井口萌々花(早稲田大学)・赤木寛一・柴山周也・髙梨悟史・安部俊吾
材料4-5
Bi-disperse granular flow down an inclined plane studied by 2D discrete element simulations
姜 浩然(筑波大学)・松島亘志・山本亨輔
材料4-6
非球形粒子を用いた個別要素法解析 - 粒子形状とせん断強度の関係
大坪正英(東京大学)・李  洋・桑野玲子
材料4-7
異方応力状態における緩詰細粒分混り砂の液状化強度特性と損失エネルギー
町田 亘(東京電機大学)・石川敬祐・原田健二・安田 進・出野智之



第8会場


■9:00-10:30
今後の展望・計測技術1 座長:鎌尾彰司(日本大学)

今後の展望・
計測技術1-1
チャンバ内土砂の塑性流動性センシング技術の開発
劉 偉晨(鹿島建設(株))・川野健一・永谷英基
今後の展望・
計測技術1-2
Sphere pull-up tests to evaluate influence of pipe wall on drag force acting on ore in vertical pipe
Hongseok Choi(東京海洋大学)・谷 和夫・野村 瞬・鈴木亮彦・矢部浩史・梅田洋彰
今後の展望・
計測技術1-3
硬質発泡ウレタン樹脂を用いた杭状地盤改良工事の開発 ~ロストビット削孔による試掘試験~
諸星勇佑(アップコン(株))・松藤展和・末政直晃・田中 剛
今後の展望・
計測技術1-4
ボーリング孔を利用した地下空洞掘削解析の岩盤物性値の簡易推定法
三浦千穂(東電設計(株))・渡邉慎也・馬上拓也・水道 健・小澤啓明・石橋勝彦・田坂嘉章
今後の展望・
計測技術1-5
トンネル引抜き実験による地山の摩擦抵抗が切羽安定性に及ぼす影響
川之上諒(埼玉大学)・八木橋辰紀・富樫陽太
今後の展望・
計測技術1-6
小型コンピュータと変換モジュールを用いた低コスト計測制御フィードバックシステムの開発
志賀正崇(東京大学)・清田 隆
今後の展望・
計測技術1-7
遊離Caを含む産業副産物による都市レベルでのCO₂固定化量の定量化に関する研究
新居将史(早稲田大学)・小峯秀雄・横井享朱・後藤 茂・王 海龍・伊藤大知

■10:50-12:30
今後の展望・計測技術2 座長:清木隆文(宇都宮大学)

今後の展望・
計測技術2-1
技術紹介:航空レーザ測量(LP)データと干渉SAR解析を組み合わせた地形地盤変動解析
基礎地盤コンサルタンツ株式会社
今後の展望・
計測技術2-2
社会啓発と科学コミュニケーター育成を念頭に置いた「地層処分事業」への知的興味を向上させる土木教育プログラムの研究
村田航大(パシフィックコンサルタンツ(株))・龍原 毅・斉藤泰久・金丸奈美・菱岡宗介・小峯秀雄・王 海龍
今後の展望・
計測技術2-3
LIDARと3Dプリンタを活用した点群観測装置について
久野 洵(東京大学)・桑野玲子
今後の展望・
計測技術2-4
通電による超重泥水の挙動の評価
鎮西由芙希(早稲田大学)・小峯秀雄・王 海龍・後藤 茂・原崎 智・伊藤大知
今後の展望・
計測技術2-5
AEモニタリングによる水封式岩盤タンクの気密性評価の適用性
根津祥太朗(東電設計(株))・馬上拓也・高桑 駿・黒瀬浩公・豊田耕一・大森剛志・田坂嘉章
今後の展望・
計測技術2-6
動的貫入試験における周面摩擦がCASE法の精度に与える影響
岩井勝哉(東京都市大学)・末政直晃・伊藤和也・田中 剛
今後の展望・
計測技術2-7
サンプリング兼サウンディング試験における試験装置の改良
佐藤 新(東京海洋大学)・谷 和夫・野村 瞬・池谷 毅・稲津大祐
今後の展望・
計測技術2-8
送水流量と挿入速度に着目した小規模凍結セルフボーリング管の挿入による地盤の乱れ
謝 沛宸(東京大学)・清田 隆・片桐俊彦・志賀正崇・武政 学

■15:00-16:40
今後の展望・計測技術3 座長:杉山太宏(東海大学)

今後の展望・
計測技術3-1
技術紹介:川崎地質㈱の技術紹介(大谷石採取場跡地観測システムに代表される特化技術)
川崎地質株式会社
今後の展望・
計測技術3-2
社会啓発と科学コミュニケーター育成を念頭に置いた「地層処分事業」への知的興味を向上させる地盤工学の展開
小峯秀雄(早稲田大学)・王 海龍・伊藤大知・膳場百合子・龍原 毅・金丸奈美・山本有雅・曺 基安
今後の展望・
計測技術3-3
北海道安平町の地盤陥没跡地を事例とした表面波探査による地下空洞探査可能性の検討
唐崎遥平(東京大学)・久野 洵・桑野玲子
今後の展望・
計測技術3-4
大谷採石地下空間における振動伝播試験の再現解析
楠 祐規(宇都宮大学)・清木隆文・程 伝涛
今後の展望・
計測技術3-5
粒状体を含んだ非ニュートン流体の粘性特性を調べる試験方法に関する文献調査
興井みのり(東京海洋大学)・谷 和夫・野村 瞬・鈴木亮彦・矢部浩史・梅田洋彰
今後の展望・
計測技術3-6
含水比および気泡添加率が気泡混合土の流動性に及ぼす影響
加藤麻衣(早稲田大学)・赤木寛一・平田光彦・髙野颯平
今後の展望・
計測技術3-7
気泡シールド工法における起泡剤の基本性能に関する実験について
髙野颯平(早稲田大学)・赤木寛一・平田光彦・加藤麻衣・坂本 諭
今後の展望・
計測技術3-8
センサーやUAVを活用した小学校での防災教育
鈴木泉輝(茨城大学)・齋藤 修・関原数馬・川村潤子